CITY GIRL はじめました。

田舎者、都会に出る。伝われ、東京感。

【鎌倉&江ノ島】 女1人旅日記 ←東京から一泊二日滞在 

 

鎌倉&江ノ島は、東京都内から1時間弱という比較的短時間で行ける人気の観光スポットの一つ。

筆者もちょうど1年前に初めて江ノ島を訪れ、その素敵な景色に感動したのを覚えています。

 

>>2017年夏。一人でふらっとどこか「遠く」で「非日常」を感じられる場所に行きたい。

 そう思って選んだのが「鎌倉・江の島」でした。

 出発の1週間前に思い立ち、今おはやりのAIR bnb(民宿サイト、略してエアビ)で宿を見つけることに。

のはずが、さすがの三連休とあって、予算一泊5000円の宿はどこも埋まっていました。

気持ちを切り替えてゲストハウスを探していたところ、何やらよさげな宿を発見、即決。

一泊4,000円、朝食付き、江ノ島まで徒歩5分。

 

□新宿からのアクセス

・新宿→藤沢駅の所要時間:約1時間

*おすすめは「江の島・鎌倉フリーパス」(1,470円)

 新宿⇔藤沢駅往復+江ノ電が乗り放題のお得パス!

 ただし、有効期間が1日のため、泊りがけでいく人は注意が必要です。

 

藤沢駅

旅の始まり。

江ノ電に乗って、鎌倉駅方面に向かいます。それにしても暑い。

 

 

江ノ電長谷駅

・大きな大仏を拝観(拝観料:200円)

 意外と猫背さんなんです。

 f:id:neoneophilia:20170718113631j:image

 

・真っ赤な提灯でお出迎え「長谷寺

 ここは門を見て中へは入らず。

f:id:neoneophilia:20170718113621j:image

 f:id:neoneophilia:20170718122505j:image

江ノ電由比ガ浜駅」

長谷寺から長谷駅に戻ろうとしたら、いつの間にか行きついた先が由比ガ浜駅でした。

一駅一駅の間隔が近いんですよね。

 f:id:neoneophilia:20170718133032j:image

江ノ電鎌倉駅

・鎌倉のシンボルと言えば「鶴岡八幡宮

 f:id:neoneophilia:20170718122441j:image

ちょうど結婚式が行われていました。暑くて大変そう、、、

 f:id:neoneophilia:20170718113606j:image

・食の魅力満載「小町通り

f:id:neoneophilia:20170718122417j:image

昼食は小町通りを少し外れた静かな住宅街の奥にあるパスタ屋さん。

しらすは去年食べたからいいや、と思い鎌倉野菜に目を付けました。

お野菜おいしい、鎌倉野菜サラダです。

f:id:neoneophilia:20170718122522j:image

 

・ずんだシェイク(一杯350円)

濃厚です。おすすめです。

 

 

江ノ電「江の島駅」

今回のゲストハウスは、江の島駅から徒歩3分の好立地。

ゲストハウスの前に去年なかった「湘南韓バル」を発見!

電球ソーダも置いてありました~♪

https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14066068/dtlmap/

 

ゲストハウスのお兄さんに江ノ島情報を尋ねてみると、

西岸から島までフェリーが出ているとのこと。フェリー降り場近くから見える夕日もとってもきれいなんだって。

片道400円で徒歩40分のところを10分で行けちゃうとのことだったので、迷わず乗りました。

 f:id:neoneophilia:20170718132946j:image

富士山こそ見えませんでしたが、

とってもきれいな景色でしたよ!

f:id:neoneophilia:20170718113555j:image

 f:id:neoneophilia:20170718122428j:image

 

夜ごはんは、江の島近くのラーメン屋さん「らーめん 晴れる屋」で。

つけめん、美味でした。

https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14010411/

 

ゲストハウスのラウンジでパソコンをかたかたしていると、

宿泊者の女性の方が声をかけてきてくれました。

聞いてみると、今回一人で江の島に来ていて、東京在住歴、住んでいる場所、職場、海好きであること、

全部が一緒でびっくり。こんなこともあるんですね。

結局一緒にラウンジでお酒を飲むことに。ゲストハウスのスタッフの方も一緒に、楽しい時間を過ごしました。

だからやめられないです。ゲストハウス。

 

つづく