CITY GIRL はじめました。

田舎者、都会に出る。伝われ、東京感。

【鎌倉&江ノ島】 女1人旅日記 ←東京から一泊二日滞在 

 

鎌倉&江ノ島は、東京都内から1時間弱という比較的短時間で行ける人気の観光スポットの一つ。

筆者もちょうど1年前に初めて江ノ島を訪れ、その素敵な景色に感動したのを覚えています。

 

>>2017年夏。一人でふらっとどこか「遠く」で「非日常」を感じられる場所に行きたい。

 そう思って選んだのが「鎌倉・江の島」でした。

 出発の1週間前に思い立ち、今おはやりのAIR bnb(民宿サイト、略してエアビ)で宿を見つけることに。

のはずが、さすがの三連休とあって、予算一泊5000円の宿はどこも埋まっていました。

気持ちを切り替えてゲストハウスを探していたところ、何やらよさげな宿を発見、即決。

一泊4,000円、朝食付き、江ノ島まで徒歩5分。

 

□新宿からのアクセス

・新宿→藤沢駅の所要時間:約1時間

*おすすめは「江の島・鎌倉フリーパス」(1,470円)

 新宿⇔藤沢駅往復+江ノ電が乗り放題のお得パス!

 ただし、有効期間が1日のため、泊りがけでいく人は注意が必要です。

 

藤沢駅

旅の始まり。

江ノ電に乗って、鎌倉駅方面に向かいます。それにしても暑い。

 

 

江ノ電長谷駅

・大きな大仏を拝観(拝観料:200円)

 意外と猫背さんなんです。

 f:id:neoneophilia:20170718113631j:image

 

・真っ赤な提灯でお出迎え「長谷寺

 ここは門を見て中へは入らず。

f:id:neoneophilia:20170718113621j:image

 f:id:neoneophilia:20170718122505j:image

江ノ電由比ガ浜駅」

長谷寺から長谷駅に戻ろうとしたら、いつの間にか行きついた先が由比ガ浜駅でした。

一駅一駅の間隔が近いんですよね。

 f:id:neoneophilia:20170718133032j:image

江ノ電鎌倉駅

・鎌倉のシンボルと言えば「鶴岡八幡宮

 f:id:neoneophilia:20170718122441j:image

ちょうど結婚式が行われていました。暑くて大変そう、、、

 f:id:neoneophilia:20170718113606j:image

・食の魅力満載「小町通り

f:id:neoneophilia:20170718122417j:image

昼食は小町通りを少し外れた静かな住宅街の奥にあるパスタ屋さん。

しらすは去年食べたからいいや、と思い鎌倉野菜に目を付けました。

お野菜おいしい、鎌倉野菜サラダです。

f:id:neoneophilia:20170718122522j:image

 

・ずんだシェイク(一杯350円)

濃厚です。おすすめです。

 

 

江ノ電「江の島駅」

今回のゲストハウスは、江の島駅から徒歩3分の好立地。

ゲストハウスの前に去年なかった「湘南韓バル」を発見!

電球ソーダも置いてありました~♪

https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14066068/dtlmap/

 

ゲストハウスのお兄さんに江ノ島情報を尋ねてみると、

西岸から島までフェリーが出ているとのこと。フェリー降り場近くから見える夕日もとってもきれいなんだって。

片道400円で徒歩40分のところを10分で行けちゃうとのことだったので、迷わず乗りました。

 f:id:neoneophilia:20170718132946j:image

富士山こそ見えませんでしたが、

とってもきれいな景色でしたよ!

f:id:neoneophilia:20170718113555j:image

 f:id:neoneophilia:20170718122428j:image

 

夜ごはんは、江の島近くのラーメン屋さん「らーめん 晴れる屋」で。

つけめん、美味でした。

https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14010411/

 

ゲストハウスのラウンジでパソコンをかたかたしていると、

宿泊者の女性の方が声をかけてきてくれました。

聞いてみると、今回一人で江の島に来ていて、東京在住歴、住んでいる場所、職場、海好きであること、

全部が一緒でびっくり。こんなこともあるんですね。

結局一緒にラウンジでお酒を飲むことに。ゲストハウスのスタッフの方も一緒に、楽しい時間を過ごしました。

だからやめられないです。ゲストハウス。

 

つづく

TOKYO ART CITY by NAKED 【体験レポ 2017】

今年の夏を代表する、クリエーター集団「NAKED」によるイベントに行ってきました。

 

その名も・・・

TOKYO ART CITY by NAKED!!

なんと東京好きをくすぐるタイトルであることでしょう・・・

 

出店:YouTube公式「Tokyo Art City by Naked」

 

<< 見どころをまとめると・・・>>

・巧に大都市東京の魅力をまとめた空間となっており、地方・外国の友達を連れてきたくなる

・実力派ダンサーによる、展示物と連携した音と光のパフォーマンスがすごい

新宿、渋谷、秋葉原、東京駅といった、普段見慣れた街をアートとして再認識できる

続きを読む

食べログの隙間を見つけたくないですか?

表題の件、大変えらそうなことを言うようで申し訳ありませんが、

食べログに載ってなくて、自分だけが知っている美味しい店。」

見つけたいなぁ。

 

 

【プレイリスト】 『東京』を歌った曲たちパート① -今日はひたすらに私の好きな曲を紹介するー

①モノクロトウキョー /サカナクション

「東京 モノトー 憧れ フルカラー

憧れとは裏腹に、灰色で汚い東京。

recochoku.jp

 

②Tokyo / Owl City feat. SEKAI NO OWARl

When I'm in Tokyo」の繰り返しが心地よいナンバー。

Owl Cityのエレクトロニックミュージックに和のテイストが違和感なく織り交ぜられた、新感覚の国境を越えたコラボレーション曲です^^

youtu.be

 

③tokyo / 雨のパレード

不意に僕を襲ってくる

どうしようもなくなるほどの巨大な虚無感

こんなところへ僕はどうやって来たんだろうな

youtu.be

 

 

 

④東京 / BaseBallBear

「東京 この街で 今日も君は笑う 俺は知らない 」

recochoku.jp

 

⑤東京/People In The Box 

「東京」というワードが一度も出てこない「東京」という曲。

jplayer

 

東京」というとエレクトロニックな曲が多くなるのでしょうか・・

機械音が心地よいおしゃれな曲たちを聞きながら、今日も東京を歩きます。

 

 

내가 도쿄에서 가장 좋아하는 곳❣️#sumidariver #holiday #tokyo #야경스타그램 #nightview

❂ a k a r i ❂さん(@akari_otogenic8182)がシェアした投稿 -

和食の美しさ、ここにあり。『食神様の不思議なレストラン展』*体験レポート*

ずっと気になっていた、『食神様の不思議なレストラン展』に行ってきました。

 

まずは、レストラン展のCMをどうぞ♪

 

行ってみて一言:

『一見相反するもの同士の融合が異常に心地よい!!』 

 

①デジタルとアートの融合。

 まず、本展覧会の順路について。

 エントランス→デジタルアート体験コーナー→レストランフロア→関連商品販売

デジタルアートの体験コーナーでは、光・音・色を使った体感型のアート体験が楽しめます。

 

スクリーンに手を近づけると、それに反応して映像と音が変わる不思議体験。

 f:id:neoneophilia:20170502231158j:image

 

f:id:neoneophilia:20170502231240j:image

どこで動きを察知して反応するようになっているの・・・?

会場の作り(遮光カーテン、通路の感じ)が学校の文化祭みたい・・!

童心に返り、はしゃいでしまいました。

f:id:neoneophilia:20170502231308j:image

 

 

 

②昔ながらの和食と最新技術のコラボレーション。

エントランス→デジタルアート体験コーナーレストランフロア→関連商品販売

⇒身体を使ってアートを楽しんだ後は、実際に「食べる」を体験できます。

 

レストランコーナーの横には、和食には欠かせない調味料・食材たちの説明書き。

 f:id:neoneophilia:20170502231428j:image

そして、来場者にもれなくプレゼントされる「神様のおいなりさん」。

f:id:neoneophilia:20170502231456j:image

 販売所の横には、お稲荷さんに入っている食材の案内板が。こんなに具材がたくさんで味の上品なおいしいお稲荷さんを食べたのは初めてでした。。。

f:id:neoneophilia:20170502231519j:image

「自分の身体に入れるものくらい、自分で選びたいよね・・・」

食について考えされられたひと時でした🐈

 

茅場町駅を降りてすぐ。興味のある方は、ぜひぜひ足を運んでみてください。

おすすめです!

 

<期間>

2017年5月21日まで

 

<アクセス>

東西線 日比谷線茅場町駅」6番口 徒歩1分
東京都中央区日本橋茅場町1−8−1 茅場町1丁目平和ビル            

f:id:neoneophilia:20170502231544j:image

 

tabegamisama.com

都内人気NO.1 『目黒川の桜』見に行ってきましたレポ

 

東京に引っ越してきて、初めての本格的な桜シーズン到来。

どうせなら、都内で有名な桜の名所に行ってみたい・・・

ということで選んだ先は、

 

目黒川』!!!

 

f:id:neoneophilia:20170407235229j:plain

中目黒駅」から徒歩5分で・・・と言いたかったところでしたが、

訳あってJR恵比寿駅から目黒沿いに歩いて行くこととなりました。

(財布忘れて、ICカードの残高も足りず、自力で中目黒駅までたどり着けなかったのはここだけの話です。トホホ)

 

恵比寿から歩いても、たった15分ほどで着きました♪

 

印象:「人がすごい・・・

 

f:id:neoneophilia:20170407235735j:plain

さすが東京です。

 

こんな感じ。

人の流れに身を任せながら、「池尻大橋駅」方面にずんずん・・・

 

f:id:neoneophilia:20170407235654j:plain

 

途中で人混みに疲れたので、路地に入ると、なにやら長蛇の列。

何かと思えば、アフリカ系(?)のおじさんが、めちゃくちゃおっきいソーセージを焼いているのを発見!

f:id:neoneophilia:20170407235433j:plain

とってもおいしそうだったので、昼ご飯食べたばっかりなのに、誘惑に負けて買ってしまいました。

 

見て!このボリューム感!

f:id:neoneophilia:20170408001151j:plain

おしゃれなイチゴのスパークリングロゼや、桜ロゼなど、

桜にちなんだ可愛いドリンクも露店にたくさん並んでいました♪

f:id:neoneophilia:20170408001543j:plain

 

結論:

・川沿いに立ち並ぶ桜並木は別格。とてもきれい。さすが人気NO.1

・露店の出店も多く、美味しくてフォトジェニックな食べ物・飲み物を楽しめる

・ただし、その分がものすごく多い(人が多いうえに、通路が狭い)

・そして、人が多いがゆえに、落ち着いて桜の写真を撮りずらい

 

でも総合的には、行った価値があったと思えるほど大満足のお花見となりました!

f:id:neoneophilia:20170407235617j:plain

 

東京なんて何もないじゃん・・・そんな方必見!東京を楽しむ方法3つ

東京は色々あるように見えて、実は何もない、そんな声を耳にすることが多いこの頃。 

(特に、東京に対してちょっとしたコンプレックスを抱く地方民から多く聴こえてくるこのご意見(笑))

 

確かに、商業施設が充実していて住むには便利だけど、いざ遊びに行くとなるとどこに行けばいいか分からない。

 

週末、友達が遊びに来るけど、どこに連れて行ったらいいか分からない・・・」そんな悩みを抱えている東京都民も多いのではないでしょうか。

 

北陸のど田舎から上京してきて早1年。そんなあくまで私が考える東京の良いところをご紹介しましょう。

 

①イベントが無数にあること

東京には田舎とは比べものにならないくらい、イベントがたくさんあります。グルメ、音楽、おまつり、アート、国際交流などなど。。。ネットで「東京 イベント」と一度叩けば、イベント情報を簡単に見つけることができます。

その日その時にしか体験できないのがイベント。掛け替えのない思い出になることは間違いなしです。

最近では、デジタルアート、プロジェクションマッピングなど、テクノロジーとアートの融合、非現実感、と言ったコンセプトのイベントが多い印象を受けます。

 

例を挙げると、2016年末に一躍注目された「DMM.PLANETS」in お台場。

exhibition.team-lab.net

 

そんな私も見に行ってきたわけですが、なんと3時間待ちでした・・・

 

f:id:neoneophilia:20170401101240j:plain

でもそんな長~い待ち時間も忘れるくらい素敵な光景が待ってくれていました。

f:id:neoneophilia:20170401101210j:plain

 

こちらも、現在人気絶頂。「食神様の不思議なレストラン展

tabegamisama.com

 ぜひぜひ、足を運んで見てください♪

 

②会いたい人に会えること

 私が東京に来て1番よかったと思えること、それは自分が会いたいと思った人に会えるチャンスに恵まれていること。

 

東京には、人が多い。しかし、その中でも東京生まれ東京育ちの人は意外と少ない。みんなそれぞれ多様なバックグラウンドを抱えて東京に集まっています。

 

2017年3月、上野で開かれたNIKEのイベント「AIR MAX REVOLUTION TOKYO」。

www.nike.com

 

こちらのイベントでは、なななんと!

サカナクションの山口一郎さん×クリエータ真鍋大度さんのトークセッションに参加することができました。もちろんただで。

f:id:neoneophilia:20170401101913j:plain

 

小さい話をあげれば、ありとあらゆる道に精通した人をネットで探り当ててアポをとれば会えてしまうことが多い。(体験教室、レッスン、勉強会というフィルターを通せば尚のこと簡単です。)自分が興味をもったことに精通している人が誰かしら東京にいて、かつコンタクトをとれたりできるので、つくづく東京は偉大だなぁと感じます。田舎ではなかなかこれが難しい。

 

 

 

 

③独特の東京感

1番伝えたいけれでも、1番伝わらない、というより言葉で説明できない独特の東京感

f:id:neoneophilia:20170401103241j:plain

朝の満員電車の喧騒。

 

親子連れ・カップルでにぎわう港付近の洗練されたなんとも言えない休日感。

 

高いビルの静かなカフェから暖かいコーヒーを嗜み、人混みを見下ろす優越感、安心感。

 

仕事終わりのサラリーマンでごった返す高架下のこじんまりとした居酒屋。

 

誰かさんの残業によって作り上げられる夜景。

f:id:neoneophilia:20170401102835j:plain

なんか好きなんです、こんな東京が。これはぜひ、東京に来て肌で感じてみてください。